一般事業主行動計画の策定

弊社は、女性の活躍・仕事と家庭の両立支援を実施致しております。
次世代育成支援対策推進法に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備など、下記の通り、一般事業主行動計画の策定に取り組んでおります。


仕事と子育て両立促進計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間: 平成30年2月2日~平成35年2月1日までの5年間

2. 内容: 子育てを行う労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備を行う。産前産後休業や育児休業について、制度の周知や情報提供を行い、全社員が理解促進を図る。

3. 対策
(ア) 平成30年 2月 出産・育児休業等を取得しやすい環境作りのため、対象従業員に面談を兼ねて、出産や育児関する実態を聞き取り調査をし、まずは管理職がそれを把握する。
(イ) 平成30年 2月 育児・介護休業法に関する資料の収集。
(ウ) 平成30年 2月 全社員に対して、育児・介護休業法に関する資料の説明、閲覧と理解促進を図る。

ぺージのトップに戻る